熱帯魚飼育入門〜熱帯魚を飼う準備〜

■初期導入で失敗しないコツ

水槽の水を清潔に保つには「こなれた水」を作る必要があります。 水槽を安定した台の上に置いたら、序利やアクアソイルなどを入れたあと、ゆっくりと静かに水道水を入れます。 水でいっぱいになったらろ過を起動させます。 この状態を「空回し」と呼び、空回しの期間が長ければ長いほうがより安全に熱帯魚を飼育することができます。

空回ししてからは最低でも2〜3週間は熱帯魚は入れないようにします。 早く熱帯魚を飼いたいのは当然ですが、できるだけ辛抱するのが熱帯魚初期導入での失敗しないコツなのです。 これを怠り、「魚が死んでしまう」「病気になってしまう」と慌てるかたが実に多いです。 空回しの期間をおくことで、ろ過フィルターのスポンジ・水中・砂利に人間の目には見えないバクテリアが自然に発生し始めます。 このバクテリアが水を浄化する役目を担います。

水族館の飼育水も大規模ですがこのようなろ過サイクルで熱帯魚を維持しています。 とにかく辛抱して、バクテリアが発生し、定着するまでは熱帯魚を入れるのを待ちましょう!

底に敷く砂利は、最初によく洗うものもあれば、そのまま使用するものもあるのできちんと説明書に従います。 また、直射日光が水槽に当たっていたり、ライトを 付けていると、茶色の苔などがガラス面を覆ってしまいますので注意が必要です。 水槽に入れる砂利やろ過フィルターはさまざまなものが販売されています。当サイトのリンク集の全国の熱帯魚店や熱帯魚・水草の通販から探してみてください。